ART INFO発信!アートインフォ 記事一覧
発信!アートインフォ

山梨アール・ブリュット展 つなぐ・きらめき


平成29年度山梨県障害者芸術・文化祭連携企画
山梨アール・ブリュット展
つなぐ・きらめき

観覧無料 8月29日(火) – 9月10日(日)
午前9時30分~午後5時まで(入場は午後4時30分まで)

主催:社会福祉法人八ヶ岳名水会 「山梨アール・ブリュットネットワークセンター」(略称:YAN)
共催:NPO法人甲府駅北口まちづくり委員会 助成:平成29年度 厚生労働省「障害者芸術文化活動普及支援事業」
助 成:平成29年度 厚生労働省「障害者芸術文化活動普及支援事業」

会場:甲府市藤村記念館
〒400‐0024 山梨県甲府市北口2-2-1
※甲府駅北口を出て、すぐ右側に見える文化財のたてものです。


県内で活動している作家4名の作品と、平成29年10月21日(土)~平成30年1月14日(日)にかけてフランス・ナント市で開催される障害者の文化芸術国際交流事業「2017 ジャパン×ナント プロジェクト」「KOMOREBI」展に出品予定の作家の作品が特別出品されます。
水性サインペンで描かれた色彩豊かな抒情的な作品、細いボールペンを使って丹念に心象風景を描いたモノトーンの作品など、多彩な作品を紹介いたします。その制作に向かう姿は自然で、心から湧き出る情熱や表現することへの可能性を表現しています。多くの方が、アートを通してつながり、表現することの新しい魅力を感じていただける機会です。こころが描くアート作品のきらめきを感じていただける展覧会です。
国指定の文化財としても貴重な「藤村記念館」において展覧会を開催し、文化財の雰囲気と共に芸術作品として昇華された作品をぜひご覧ください。

山梨県内の出品作家
石原 純一、高橋 昌也、横山 岳史、ノナカミホ

県外出品作家
中島 涼介、松田 僚馬、本岡 秀則、他

 

beyond 2020について>>


関連イベント
「第4回山梨県障害芸術・文化祭」
平成29年 9月1日(金)~2日(土)
会 場:山梨県防災新館

フードフィギュアをつくろう
講師:坂本絵里
平成29年 9月2日(土) 13:00~15:00(受付は14:30まで)
会 場:山梨県防災新館生涯学習センター会議室B

瑞宝太鼓演奏会
長崎から障害者のプロ和太鼓集団がやってくる
平成29年 9月2日(土) 演奏:15:00~16:00
会 場:県民ひろば

「瑞宝太鼓」
障がい者長崎打楽団“瑞宝太鼓”は社会福祉法人南高愛隣会所属の『生かされた人間ではなく自ら生きる人間に』をスローガンとして自ら体現する知的障がいがあるメンバーで構成されたプロの和太鼓集団です。
2017ジャパン×ナントプロジェクトの舞台芸術公演に出演決定

 

「第20回山梨県障害者文化展」
平成29年 8月31日(木)~9月4日(月)
10:30~19:00(最終日は12:00まで)
会 場:山交百貨店 5階催事場


ご連絡・お問い合わせ先
事務局:社会福祉法人八ヶ岳名水会 企画事業部内
「山梨アール・ブリュットネットワークセンター(YAN)」
〒408-0025 山梨県北杜市長坂町長坂下条1237-3
電話:0551-32-0035

 
>>チラシPDF


↑画像クリックで周辺の地図を拡大表示します。

 

 

アール・ブリュット in 山梨

東京2020文化オリンピアード、公認プログラム
文化庁委託事業「平成29年度戦略的芸術文化創造推進事業」
障害者の文化芸術国際交流事業
2017 ジャパン×ナントプロジェクト関連イベント
アール・ブリュット in 山梨

この秋、フランス・ナント市において、日本の障害者の優れた文化芸術活動の成果と今後の可能性を発信することを目的とした2017ジャパン×ナントプロジェクトが実施され、日本のアール・ブリュット作家約40名による展覧会「KOMOREBI」展が開催されます。 この展覧会に先立って、山梨県北杜市の八ヶ岳名水会・日野春學舎に日本全国から出展予定のアール・ブリュット作品が一堂に集められ、作品のコンディションチェック等の準備作業が行われますが、この貴重な機会を捉え、皆様にこのプロジェクトへの理解を深めていただくことを目的として、集約された作品の一部を公開することとなりました。 さらに同時開催として、アール・ブリュットの世界をより深く知っていただけるよう、記録映画の上映や、この分野に造詣の深い文化人や福祉関係者を招いての講演会も企画いたしました。 当日は、山梨の福祉施設が自慢のお菓子や織物等を販売するコーナーも設けます。是非この夏、北杜市・社会福祉法人八ヶ岳名水会・日野春學舎へお越し下さい。


平成29年7月29日(土)
イベント1 (要予約)
[内 容]
アール・ブリュット in 山梨 見学会
11:00~12:00
会 場:八ヶ岳名水会 日野春學舎・2階 教室
2017ジャパン×ナントプロジェクト「KOMOREBI」展についての紹介や、全国から集約された作品の一部を公開いたします。

記録映像の上映
13:30~15:00
「まひるのほし」 1998年制作
監 督:佐藤 真 撮影監督:田島 征三
上映時間 1時間33分
会 場:八ヶ岳名水会 日野春學舎・音楽室
「まひるのほし」という題は「見えてないけど真昼の天空にも燦然と輝く星がある」という思いからつけられました。登場するのは7人の知的障害者と呼ばれるアーティストたち。7人のアーティストたちの世界を一緒に旅して彼らの放つ光を感じてみませんか。

講演会「日本のアール・ブリュットについて」
15:10~16:10
講演者:青柳 正規氏(山梨県立美術館 館長 前文化庁 長官)
聞き手:田端 一恵氏(社会福祉法人グロー法人本部企画事業部 副部長)
会 場:八ヶ岳名水会 日野春學舎・2階音楽室
アール・ブリュットに造詣の深い文化人や福祉関係者を迎え、日本のアール・ブリュットについて語っていただきます。

イベント2 (予約不要)
山梨の福祉施設のみなさんによる販売
11:10~16:00
会 場:八ヶ岳名水会 日野春學舎・体育館
山梨の福祉施設の皆さんがていねいに制作した織物やカバン、かわいい文房具をはじめ、やさしい味わいのハーブティーやクッキー、お弁当などの販売。


平成29年7月30日(日)
イベント1 (要予約)
[内 容]
記録映像の上映
13:30~15:00
「まひるのほし」 1998年制作
監 督:佐藤 真 撮影監督:田島 征三
上映時間 1時間33分
会 場:八ヶ岳名水会 日野春學舎・音楽室
※詳細は29日の内容を参照してください。

アール・ブリュット in 山梨 見学会
15:10~16:10
会 場:八ヶ岳名水会 日野春學舎・2階 教室
※詳細は29日の内容を参照してください。


[会 場]
社会福祉法人 八ヶ岳名水会 日野春學舎(旧 日野春小学校)
住所:〒408-0025 山梨県北杜市長坂町長坂下条1237-3
※当日は混雑が予想されますので、お車の方はなるべく乗り合わせておいでください。

[アクセスガイド]
■ お車でお越しの方:校庭が無料駐車場となっています。
■ 電車利用の方:JR中央線日野春駅下車 徒歩30分、タクシーで3分
■ バス利用の方:JR中央本線 日野春駅より北杜市民バスをご利用ください。
南部巡回線 長坂駅 行 所要時間:3分 日野春小学校下車
日野春駅発:10:16、11:21、12:51

[入場料]
無料

[対 象]
福祉施設職員、教育関係等職員、アートに関心のある人、
アーティストなど…どなたでもご参加できます。

[定 員]
100名(イベント1に限り予約制) 定員になり次第締め切りとさせていただきます。
申込期間/平成29年7月3日(月)〜7月25日(火)

[イベントに関するお問い合わせ、お申込み]
※チラシ裏面の申込書をご使用下さい。
下記のPDF版チラシの2ページ目に申込書があります。
事務局 : 社会福祉法人八ヶ岳名水会
企画事業部内「山梨アールブリュットネットワークセンター(YAN)」
住所/〒408-0025 山梨県北杜市長坂町長坂下条1237-3
担当者 : 瀧澤 TEL:0551-32-0035 FAX:0551-32-6351
e-mail: meisui-kikaku@y-meisui.or.jp



PDF版チラシ

マリナーズ 親子アンサンブルMarina’sコンサート

Marina’sのこんさぁと15周年だよ!
みんな集まれ!

2017年7月9日(日) 13:00〜

 

Marina’sは心身ともに重度の障害を持つ、長女Marina(マリナ)を中心とした母娘アンサンブルです。
障害があっても生きがいを見つけ、生き生きと楽しく暮らしたい。そんなメッセージを伝えたくて、2002年に発足しました。音楽って、障害があってもなくても楽しいね。みんなで集まって同じ歌を歌いましょう!!
ぜひご来場ください。お待ちしてます!!


連携企画
アール・ブリュット山梨・ミニギャラリー

2017年7月9日(日) 10:00〜17:00

親子アンサンブル・マリナーズの15周年コンサートに関連して、山梨の事業所で作品制作をしている作家たちの作品を展示します。
純粋に、心のままに描き続けている作家たちの作品を展示し、各作家の活動を紹介します。作品からあふれる、輝くような魅力を感じていただける機会です。

「マリナーズ」・「音のりぼん」のみなさんとの音楽と美術の共演をお楽しみください。


交通アクセス
会 場:甲府西公民館
山梨県甲府市西部市民センター1 階大ホール内
山梨県甲府市長松寺2-30

電 話:055-225-1762

♪お問合せ
共 催:社会福祉法人八ヶ岳名水会
事務局:社会福祉法人八ヶ岳名水会 企画事業部
「山梨アール・ブリュットネットワークセンター(YAN)」
事務局住所:〒408-0025 山梨県北杜市長坂町長坂下条1237-3
電 話:0551-32-0035
E-mail:meisui-kikaku@y-meisui.or.jp
Web:http://y-meisui.or.jp/

手でみる新しい絵画を作ろう

tedemiru-up

絵画は目でみることしかできないのでしょうか?
聞いて、触れて、様々な角度から絵を観る方法について考え、
実際に触れられる『手でみる新しい絵画」を一緒に作ってみませんか。

参加無料

平成28年度 文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業
山梨から放て!芸術文化のバイブレーション2016

-山梨大学と官・民が連携した地域アートマネジメント人物育成事業の進展
地域アートマネージメントにおけるアウトリーチ・ワークショップ


1.
平成28年11月26日(土) 13:30~15:00
レクチャー
「『手でみるミレー」の始まりとこれから」
■講師:山本育夫氏
■会場:山梨県立美術館 ワークショップ室

山梨県立美術館では1986年より所蔵作品であるミレーの作品を視覚にハンディキャップのある来館者にも鑑賞出来るように「手でみるミレー」と題して教育普及展示をおこなってきました。その発案者に当時の思い出を話していただきます。また、国内のミュージアムにおけるハンズ・オン展示やワークショップの具体的な取り組みについてもあわせてご紹介いただきます。

定員:30名


2.
平成28年12月3日(土)

<前半>
レクチャー
「『手と目でみる教材ライブラリー」の魅力」
(併設:アンテロス美術館分館)
13:30~15:00
■講師:大内 進氏
■会場:山梨県立美術館 ワークショップ室

現在世界中の美術館で普及が進みつつあるハンズ・オン展示について、広い視野での事例を実際に触れる絵画に触りながらご紹介いただきます。主にイタリアのアンテロス美術館の取り組みやその鑑賞法、「手と目でみる教材ライブラリー」(東京)の研究紹介からは新しい絵画鑑賞法のヒントが得られるでしょう。

<後半>
ワークショップ
「手でみる新しい絵画をつくってみよう I」
15:10~16:30
■講師:大内 進氏
■会場:山梨県立美術館 ワークショップ室

参加者がディスカッションしながら「手で見る新しい絵画」の可能性を探ります。ワークショップ2・3の間に、山梨大工学部ものづくり教育実践センターと教育学部彫刻研究室の協力で3D試作を試みます。

定員:20名


3.
平成29年2月12日(日) 13:30~15:00
ワークショップ
「手でみる新しい絵画をつくってみようII」
■会場:山梨県立美術館 ワークショップ室
最終回では触れながら鑑賞会をおこない、試作のより良い活用法について考えます。

定員:20名

※2.3.のセット受講の方 参加者の中でご希望の方は2と3の受講期間中に大学に足を運んでもらい、試作に関わっていただけます。


<講師紹介>
山本育夫氏 やまもといくお
[つなぐNPO・山梨フットバスリンク代表]
東京芸術大学美術学部卒業後、神奈川県にある特別支援学校に教諭として勤務、山梨県立美術館に10年勤務した後、美術館教育雑誌「ドーム」・まち見物誌『ランデブー」等を創刊、編集長務める。現在、つなぐNPO・やまなしフットバスリンク代表として、山梨県下の全市町村に300種類におよぶ「まち歩きガイドブック」を制作。毎週、まち歩きを展開中。この運動は長野県、新潟県、沖縄県、東京都などに拡大中。

大内 進氏 おおうちすすむ
[独立行政法人国立特别支援教育総合研究所 客員研究員]
早稲田大学教育学部教育心理学卒業、筑波大学教育研究科 カウンセリングコース修了、特別支援学校や筑波大学附属盲学校教諭を経て現研究所勤務。主な研究に「視覚障害児のための絵画の立体的翻案とその指導法の 開発(科学研究費補助全)」(’02-04年)、「イタリアにおける視覚障害児者のための絵画鑑賞の取組」「世界の特殊教育 (’06年)他。アンテロス美術館分館を併設した「手と目でみる教材ライブラリー』(東京・’14年)を開設。


参加無料·要事前申込
定員になり次第締め切り

<申し込み>
国立大学法人 山梨大学 教育学部
参加ご希望の方は「申し込み書(FAX)」>>PDF を参考に
(1)参加希望講座
(2)氏名
(3)住所
(4)連絡先電話番号
(5) 「おうががいします」の該当するものをお知らせください。

【Mailの場合】
件名[アウトリーチ・ワークショップ参加申込み」
geibun@yamanashi.ac.jp

【電話の場合】
平日・9:00〜17:00
055-220-81O3
(教育学域支援課総務グループ)

【FAXの場合】
055-220-8791
会場:山梨県立美術館
〒400-0065 山梨県甲府市貢川1丁目4一27
■内容についてのお問い合わせは
htakesue@yamanashi.ac.jp (彫刻研究室 武末裕子)まで。

主催:国立大学法人 山梨大学教育学部
協力:山梨県立美術館、山梨県立美術館協力会、社会福祉法人山梨ライトハウス、山梨大学工学部ものづくり教育実践センター
後援:山梨県、山梨県教育委員会、NHK甲府放送局、山梨日日新聞・山梨放送、テレビ山梨、朝日新聞甲府総局、毎日新聞甲府支局、読売新聞甲府支局、エフエム富士

“手でみる新しい絵画を作ろう”
http://art-edu.sub.jp/01/

tedemiru-back

会場:山梨県立美術館
〒400-0065 山梨県甲府市貢川1丁目4一27

池上栄太 遺作展 Eita – ing

eita-ing
eita-ing

池上栄太 遺作展
Eita – ing
僕と皆の軌跡と未来展
2016.11.22 tue 〜 11.25 fri
AM10:30 〜 PM3:30
休廊日 24日

〜彼と私たちの絆は今も繋がっており、共に前に進んでいる。
これらの作品は彼と私たちの過去(軌跡)とこれから(未来)を象徴したものである〜

〒405-0018
山梨県山梨市上神内川1229-1(JR山梨市駅前すぐ徒歩1分)
街の駅やまなし(山梨市地域交流センター)
TEL:0553-20-7010 FAX:0553-20-7011

[主 催] 社会福社法人 三富福社会
[連絡先] サポートセンターハロハロ 一番館内
「Art PGMこせーる堂」 担当:標
電話:0553-34-9200 FAX:0553-34-9201